赤ちゃんから乾燥を防ぐコツ|大切な我が子のために

肌の水分を保つため

乳児

保湿効果のあるオイルや服

赤ちゃんの肌は、大人の肌と比較すると非常に薄い上に、柔らかくデリケートです。そのため赤ちゃんの肌は、水分が抜けやすく、乾燥してしまいがちです。乾燥した状態で放置していると、痒みから赤ちゃんはぐずりやすくなります。さらには掻くことで、出血したり炎症を起こしたりすることもあるのです。赤ちゃんにとってはもちろん、保護者にとっても苦痛となるので、それを防ぐために多くの人が、ベビーオイルやベビーローションを使用しています。これらには保湿成分が配合されているので、使用することで肌の水分が保たれやすくなるのです。また乾燥した日には、外気の影響で肌の水分が一層失われやすくなります。そのため保湿効果の高い素材で作られたベビー服も、乾燥対策としてよく使われています。

肌への優しさ

保湿用のオイルやローションには、大人用のものもありますが、これは赤ちゃんの肌には適していないことがあります。赤ちゃんの肌にとって、刺激となる香料や防腐剤などが配合されているからです。しかしベビーオイルやベビーローションは、刺激を与える可能性のある成分を配合せずに作られています。そのため、赤ちゃんの手足はもちろん、デリケートゾーンを含む全身の肌に、安全に使用することができます。そして、乾燥防止用のベビー服もやはり、赤ちゃんにとって安全な素材で作られています。具体的には、オーガニック栽培されたコットンやウール、これらを間に挟むことで厚く柔らかくしたキルティングなどです。いずれも肌に優しい上に、丸洗いが可能となっているので、その点でも人気があります。

ハイシートが主流です

女性

ベビーカーは最近では赤ちゃんや幼児が利用する座面が以前よりも高いものが主流になってきました。夏場の熱中症対策やお世話のしやすさなどからこのようなデザインが増加しているのです。また、成長に合わせて求めるデザインに変化があることから、じっくりと比較検討することが大切です。

More Detail

プレゼントやギフトにも

靴と玩具

赤ちゃんが小さいうちしかベビーグッズは使えないものですが、同時に欠かせないものでもあります。大きなものや高価な商品ならレンタルや中古品も販売されていますので、リーズナブルに使うことも可能となっています。

More Detail

ミルクを作るための準備

ウォーター

赤ちゃんのミルクを作るために使用する水、これはどんなものでもいいというわけではありません。赤ちゃんの内臓に負担をかけないようにミネラル分がより少ない軟水を選択する必要があるのです。そして好みによってはミネラルウォーターを用いるのもおすすめです。

More Detail